病友Kさんから千羽鶴が届きました。

未知の病友でした。

短冊を見ると、

平成二十一年四月二十七日召天 享年六十二歳

と書かれてありました。

二月に肺癌告知を受け、入院となる。病床中、同じく闘病しているオショチの回復を願い、「力が入らず震える手で申し訳ないが」と、折鶴を折り、届けて下さる。白寿の母を介護中の急逝となった。

一昨夜、中井のマリア様のみ手に、57羽の千羽鶴を白い糸で結びました。

「安らかに天国で永遠の眠りについて下さい!」と、心から祈りを捧げました。

暖かく、辛いお祈りでした。

わたしの知らないお方が、わたしの知らない時、密かに、自ら苦しい肺癌告知の後、苦しい闘病生活の中で、見知らぬ病友のために折り鶴を…

ベットの上で一人静かに、震える手で一羽一羽を、57羽まで折り続けて下さり、帰らぬお人になられた!

溢れくる涙を流れるにまかせ、 一夜を過ごしました。

静謐な愛がある!

愛の底知れぬ深さに、わたしはすべての言葉を失いました。

唯一言!「貴方は誠に人生の勇者でした!」の言葉をもって、慎んで弔辞と、させて頂きます!

2009年5月11日
アーメン!ハレルヤ
オショチ合掌

57羽の千羽鶴

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。